キャリコン試験合格パスワード 産業カウンセラー BKSワールド

産業カウンセラー試験、国家資格キャリアコンサルタント試験、キャリアコンサルティング技能士試験の対策情報をお伝えします

キャリコン1級実技面接試験を受検してきました #キャリコン1級面接 #キャリコン実技

この3連休の間のある日、キャリコン1級面接試験を受検してきました。

 

 

東京会場での受検でした。雪を心配しましたが、無事試験会場に届くことができました。毎年、天候の心配をするので、実施時期を考えてもらえないかなとも思いました。

 

 

また、冬で天候が良くないと、服装もどうしても重装備になりがちなので、それが、キャリコンの指導者のたたずまいとしてどうなの?という部分もありますから、「試験は平服で」という但し書きをつけてくれたらいいのになと思いました。

 

 

今回は2級もそうですが、受検票がかわり、ケースが今までの3分の1のスペースに記載されていて、文字が小さくて読む気がしないということがありましたね。もちろん読む気がしないのは文字が小さい所為だけではないでしょうが笑。

 

f:id:sangyocounselor:20180121100446j:plain

 

さて、これからキャリアコンサルティング技能検定1級面接を受ける方からすると、

「どのケースで、どんな内容だったのか」

ということが気になると思いますが、私個人の考えとしては受検済の方が試験の詳細を公表することは、公正な試験運営の観点からも好ましい行為と思いませんので、内容は控えたいと思います。ケースは3の内容でした。それ以上は言及しません!すみません、期待されて読まれた方がいらしたら申し訳ないです。

 

ただ、指導者としての技能検定を受けるにあたり、一つ心得ておきたいことを、指導を担う立場の者としてお伝えするのであれば、

小手先のテクニックだけに頼ってよいのか自問自答する必要性があるのでは?

ということであります。

 

さまざまな指導者が、メソッドというか、対策方法、また、応答方法を端的に表現することもあると思いますし、また、送られてきた3ケースを見て、それぞれが、予想するロールプレイ等を公開しているケースもありますが、そこを一生懸命頼って、対策するよりも、自分自身を見つめ直して、指導者としてどうありたいか、あるいは、自分が指導されるのであれば、どういう指導を受けたいかということを考える時間を是非取っていただきたいなということです。(もちろんそれは感情的な部分だけでなく、キャリアコンサルテイングの理論にそった指導です)

 

いくら30分の時間構成があったとしてもそこがあなた自身がありたいと願う指導者像からかけ離れていたり、あなた自身が受けたいと思う指導から距離があるものでしたら、あなたのロールプレイは、ある意味、自己一致しないものになります。そのロールプレイでごまかせるほど試験官の目は甘くないでしょうし、同様に、事例相談者役の方の目も甘くないでしょう。

 

 

今年は1級対策教材を発行しませんでしたが、昨年の教材に記しましたが、事例相談者役は設定では経験1~2年ということではありますが、実際はキャリアコンサルタントとして長い経験を持っている方です。そこに小手先テクニックだけで対峙することは、非常に危険ではないかと感じました。

 

 

もし、面接試験がこれからの方でこの記事を目にされたら、ロールプレイを練習して追込みをかけるより、上の赤字で書いた部分を考える時間を取るようにおすすめしたいです。面接は今月いっぱいですか?まだ続きます、体調管理に気を付けて、1級受検する方はがんばってくださいね。

 

繰り返しますが、ケース内容のリークを期待してこの記事を読まれた方、ごめんなさい!!