産業カウンセラー試験対策 キャリアコンサルタント試験対策サイト BKSワールド合格ブログ

産業カウンセラー試験、国家資格キャリアコンサルタント試験、キャリアコンサルティング技能士試験の対策情報をお伝えします

専門家としてのカウンセラーに求められる行動特性

アメリカ・カウンセリング学会(ACA)のカウンセラー教育基礎資料より(渡辺、 2002)

  • ①頑固ではなく、オープン・マインドである。

    ②「曖昧さ」を我慢できる。

    ③情緒的安定、心理的確実感、強さと自信、勇気をもって行動する力などを行動で現せる。

    ④「未来志向的な精神」を行動化できる。

    ⑤高度の忍耐力をもつ(わずかな変化にも気づき、変化を待つことができる)。

    ⑥ユーモアのセンスをもつ。

    ⑦創造性を発揮できる。

    ⑧自己受容できる。

    ⑨自己理解でき、とくに自分の情緒的限界を自覚している。

    ⑩知的、論理的に問題の発見、考察、推察、解決ができる。 
    ⑪適切な寛容さをもてる(自分と異なった意見や価値、信念などに対して客観的になれ、外部の評価をおそれないなど)。

    ⑫個々人の独自性を尊重し受け入れられる。

    ⑬客観的でいられる(他者の問題や感情に溺れない、他者の評価をおそれない、他者と適切な距離を置ける、他者の変化を認識できるなど)。

    ⑭自己の限界を洞察し、他者の援助を求める謙虚さを持つ。

    ⑮自己の長所や強さを認識できる。