産業カウンセラー試験合格ブログ キャリアコンサルタント試験対策サイト

産業カウンセラー試験、国家資格キャリアコンサルタント試験、キャリアコンサルティング技能士試験の対策情報をお伝えします

|-試験対策用語 さ

産業カウンセラー試験対策 用語 自殺予防の10箇条

自殺予防の10箇条 ①うつ病の症状に気をつける ②原因不明の身体の不調が長引く ③酒量が増す ④安全や健康が保てない ⑤仕事の負担が急に増える、大きな失敗をする、職を失う ⑥職場や家族でサポートが得られない ⑦本人にとって価値のあるものを失う ⑧重症の身体…

産業カウンセラー試験対策 用語 自己開示

自己開示とは、他者に対して自分に関する本当の(本人が本当と感じる・考える)情報を言語的コミュニケーションで他者に伝達をすることをさす。 自己開示の量、深さ、タイミング、内容(現実なのか、理想なのか)等は注目され、開示する側も意識をすることが…

産業カウンセラー試験対策 用語 ストレスコーピング

ストレスに関する問題は試験でも出題されやすいところです。 ストレスに対処するための行動をストレスコーピング(coping)と言います。copeは「うまく対処する」という意味があります。 ストレスに対処するため、というと、気晴らしであったり、お酒を飲ん…

産業カウンセラー試験対策 用語 ストレンジ・シチュエーション法

エインスワース(Ainsworth)が考えた幼児と母親との間に形成されている愛着の質を測定する方法。 母親、1歳児、実験者(ストレンジャー)が同席したり、分離したりすることにより、幼児の母親との分離・再会時の反応をみる。 3つの愛着の質が判定されている…

産業カウンセラー試験対策 用語 人格変化の必要十分条件

ロジャーズの理論の中にある人格変化の必要十分条件 ① 2人の人が互いに心理的接触をもっている ② クライエントは不一致の状態にあり傷つきやすく不安の状態にある ③ セラピストはその関係の中で一致しており統合していること ④ セラピストはクライエントに対…

産業カウンセラー試験対策 用語 心理アセスメント

アセスメントは評価、測定、査定という意味であり、心理アセスメントは、いわゆる「心理テスト」をさす。その人の性格を各切り口で測定していくものをさす。 心理アセスメントにはあまたの種類があり、その方法で次のように分類される。 ① 観察法 ② 面接法 ③…

産業カウンセラー試験対策 用語 職場復帰支援の流れ 5つのステップ

心の健康問題により休業した労働者の職場復帰支援の手引きに記載されている職場復帰支援の流れ 5つのステップは次のとおりです第1ステップ 病気休業開始および休業中のケア第2ステップ 主治医による職場復帰可能の判断第3ステップ 職場復帰の可否の判断およ…

産業カウンセラー試験対策 用語 自己呈示

自己呈示 他者から自分にとって好ましい印象にみえるよう意図的にふるまうこと。 防衛的自己呈示 他者からの否定的印象の改善を目指す行為 弁解 正当化 謝罪 セルフ・ハンディキャッピング 社会志向的行動 主張的自己呈示 相手から報酬や賞を引き出すために…

産業カウンセラー試験対策 用語 前意識(ぜんいしき)

精神分析では意識を3つにわけて考えました。 意識 普段から自覚できる意識 無意識 普段から自覚できない領域 抑圧された記憶や欲望などがある 前意識 意識と無意識の中間にあり、努めれば意識にはいるもの。

キャリコン学科試験対策 用語 セルフ・キャリアドック

「セルフ・キャリアドック」とは、企業の人材育成ビジョンに基づき、従業員の主体的なキャリア形成を促進・支援することを目的とした、体系的・定期的なキャリアコンサルティングの実施等からなる統合的な取組のことです。 (厚生労働省 セルフ・キャリアド…

産業カウンセラー試験対策 用語 倫理原則

産業カウンセラーの倫理の原則① 自律尊重 ② 危害の禁止 ③ 利益供与 ④ 公正 ⑤ 忠誠 ⑥ 正直

キャリコン試験対策 用語 就職浪人 就職留年

就職浪人大学在学中に就職先を決めず(決められず)、大学卒業後も就職活動をする学生をさす。理由としては内定がでなかった、内定はでたが意に添わず、希望する企業を求めて活動を続けることなどが考えられる。 就職留年 就職浪人と「就職先を決められない…

産業カウンセラー試験対策 用語 ジョハリの窓 ☆合格祈願☆

今日は産業カウンセラー学科試験です。 無事会場に到着し、試験を受験することができ、あなたの実力MAX発揮できますようお祈りいたします。 試験にでるかもしれないジョハリの窓 ジョハリとは人名ではありません。ジョーゼフ・ラクトとハリー・インガムとい…

産業カウンセラー試験対策 用語 新型うつ

新型うつは、今までのいわゆる「うつ」とは異なる様相を示す。若年層に見受けられがちであり、仕事や義務的なことにはどんよりと気分が落ち込むことがあるにもかかわらず、一方、自身のためのレジャーや娯楽ではそれまでの落ち込みがうそのように気分が晴れ…

産業カウンセラー試験対策用語 ストレッサー

ストレスをもたらす「ストレス要因」のこと。 職場におけるストレッサーのおもな例 ① 人間関係 ② 役割や環境の変化(※昇進もストレッサーになりうる) ③ 過重労働、疲労 ④ 技術革新 ⑤ 安全衛生環境 ⑥ 労働条件の不満、不安

キャリアコンサルタント試験対策用語 自己理解

自己理解とは、文字の通り、自分(CL、CCともに)を理解することである。 相談過程ではCLの自己理解を促す支援を指すことが多い。 自己理解には自分自身の個性だけではなく、自身と環境との関係も含まれている。自己理解は生涯にわたって、発達的に変化する…

産業カウンセラー試験対策用語 三大源流

職業指導運動 - パーソンズ - 丸いクギはマルイ穴に 教育測定運動 - ソーンダイク - すべて存在するものは量的に存在する。量的に存在するものはこれを測定できる 精神衛生運動 - ビアーズ - わが魂にあうまで

産業カウンセラー試験対策用語 職業指導運動

丸いクギは丸い穴に。 パーソンズ。 ①能力、興味、個人的諸条件についての理解 ②職業が必要とする資質・適性や報酬、将来性などの分析 ③①と②を統合し合理的判断をおこなう

産業カウンセラー試験対策用語 社会人基礎力

企業社会が要求する3つの能力① 前に踏み出す力・主体性 ・働きかけ力・実行力② 考え抜く力・課題発見力 ・計画力 ・創造力 ③ チームで働く力 ・発信力 ・傾聴力 ・柔軟性 ・状況把握力 ・規律性 ・ストレスコントロール力※産業カウンセラー試験、キャリアコ…